【役立つ情報が満載】海外FXの口座開設方法を伝授

記事一覧

海外のFX業者の特徴

グラフ

サポートや税制が違う

どの海外FXで口座開設しようか検討する前に、海外FXの特徴を押さえておく必要があります。まず、業者の本社が海外にありますので、日本語対応していない業者は多くあります。英語が全く問題なく、書かれている内容が理解できる人であれば構わないのですが、あまり英語が得意でない人の場合、それがネックで口座開設をあきらめてしまいます。せっかく、レバレッジを高く設定できることが魅力でも英語が分からなければ、取引ができてもどうやって出金していいかなど不安です。日本語でのサポートも充実している業者で口座開設をすることがよいです。そして、金融庁の規制の対象外となるのも特徴です。国内のFX業者は、金融庁の規制によりレバレッジは25倍を上限としています。それ以上のレバレッジをかけることができませんが、海外FX業者は規制対象外となるため高いレバレッジで運用できるなど取引の自由度が高いです。また、税制が異なります。国内で口座開設をすると、FXで得た利益は申告分離課税です。税率は最大でも20%であり、損失が出ても最大3年まで繰り越しができます。海外FXは、総合課税です。トレーダーの所得に応じて税率も15%〜50%まで適用されます。そして損失の繰り越しは認められていないです。次に出金方法ですが、国内業者よりも多数にあり、銀行送金、クレジットカード、ビットコインといった出金方法があります。送金方法によっては手数料無料で送れることもできます。

Copyright© 2018 【役立つ情報が満載】海外FXの口座開設方法を伝授 All Rights Reserved.