【役立つ情報が満載】海外FXの口座開設方法を伝授

記事一覧

スキャル取引したい方向け

お金を持つ人

金融庁規制の対象外

国内業者と比較した海外FXで口座開設する一番のメリットといえば金融庁の規制を受けないことにあります。よく知られているのが、レバレッジです。日本国内の業者は以前、100倍や200倍で運用できる業者があったのですが、2010年8月に最大50倍以下まで制限され2011年8月には最大25倍までの段階的に規制されてきています。最近では金融庁がレバレッジ上限を10倍まで引き下げ検討しており、早ければ2018年にも引き下げられるという動きもあります。日本国内の業者で口座開設している個人投資家が、相場の急変時に想定を超える損失を抱えるリスクが高まるかもしれないという判断からです。日本国内業者はレバレッジ制限を受けても海外FXで口座開設をすれば、その業者の本社は海外にありますので金融庁の規制を受けることはないのです。海外FXで高いレバレッジで運用することができます。そして、スキャルピング規制があります。国内では超短期間、秒単位の売買を防ぐために通貨の最短保有期間を定めています。本来株などの投資は国や企業などの成長に対して行うものです。それが、秒単位分単位で売買を繰り返されては本来の投資とはかけ離れて、マネーゲームになってしまいます。スキャルピングは利益を出す取引手法のひとつですが、それが使えないのは痛いです。それが、海外FXで口座開設すればスキャルピングの規制がありませんのでスキャル取引を問題なく使うことができます。

Copyright© 2018 【役立つ情報が満載】海外FXの口座開設方法を伝授 All Rights Reserved.